運動なしでも痩せられる?その方法とリスクについて調べてみた

更新日:

ダイエットに励む人の中で「運動なしで痩せたい!」と願っている人はいませんか?…いますよね(笑)

運動をするには多少なりとも時間が必要なため面倒だと感じる人もいるでしょうし、もともと運動が苦手という人もいるはず。

では、運動なしで痩せることは可能なのでしょうか。今回は、運動なしで痩せるための方法とそのリスクや注意点について調べてみました。

運動なしで痩せる方法

運動なしで痩せるには、「食事制限」がカギになります。

運動でカロリーを消費しない分、食事でカロリーをコントロールするしかありません。そんな食事制限タイプのダイエット法の中でも成功者の多いメジャーなものをまとめておきます。

炭水化物抜きダイエット

炭水化物抜きダイエットでは米やパンなどを摂らず、代わりにキャベツやもやしといった低カロリーの食材でお腹を満たします。人によって、昼と夜だけ炭水化物を抜いたり、3食すべて炭水化物抜きにするなど、詳しい方法はさまざまなようです。

糖質制限ダイエット

炭水化物抜きダイエットの派生型のような糖質制限ダイエットですが、最近では一番流行っている方法です。甘いものから糖質を摂らないのはもちろんですが、徹底している人では野菜に含まれる糖質も気にして、お肉・卵・豆腐などのタンパク質中心の食生活を行っていきます。

置き換えダイエット

1日2食程度の食事を、それぞれ酵素ドリンクや置き換えジュースなどで代替えするダイエット。タレントやモデルがダイエットの成功例を公開しているものも見かけますね。また、1日3食すべてを置き換えることは、健康上の注意のためお勧めされていません。

運動なしで痩せるリスクと注意点

食事のコントロールのみで痩せることで高いリスクが生じたり注意したいことも多くありますので、挙げていきます。

栄養不足を引き起こす

極端に厳しい食事制限を行って痩せていこうとすれば、当然ですが栄養バランスは悪くなります。そんな形のダイエットを継続すると、栄養不足によって健康面に支障をきたします。具体的には栄養不足によって貧血やめまい、女性では月経不順を引き起こすことなどが考えられます。

さまざまな力の低下

運動をせず食事制限のみでダイエットをすると、筋肉や基礎代謝、免疫力などさまざまな力が衰えて低下してしまいます。いくら脂肪を落とすためだったとしても、体は筋肉など本来必要なものを優先的に落としてしまうのです。

見た目への影響

運動なしで痩せると、周りから見ると「細く痩せた」というより「やつれた」というような印象を与えることが多いようです。また、食事制限を緩くしたり元の食事に戻すことで、確実にリバウンドすることにもなります。

まとめ

いかがでしたか?運動なしで痩せる方法やそのリスクについて、イメージしていただけたでしょうか。

痩せるには運動を加えることが望ましいですが、運動なしでダイエットを行う場合は健康面をまず考える必要があります。ですので、行うとしても長期的に継続せず短期集中で行うようにしましょう。

健康的に痩せて、理想の体を手に入れてくださいね。

最強の筋肉サプリランキング

すくない運動・筋トレ量で、だれでも細マッチョボディを手に入れることができる。そんな夢のような話も筋肉サプリを使用することで現実のものとなります。

本当に効果のある筋肉サプリ、HMB含有のものを厳選してランキングにまとめました。それぞれ独自の強みをもつ商品ですが、どれを試しても間違いのないものばかりです。サプリをうまく活用して、美しい筋肉ボディをゲットしましょう。

-ダイエットについて

Copyright© 筋活王〜2018年版・筋肉に効くHMB人気ランキング!効果+口コミで徹底比較! , 2018 All Rights Reserved.